ふり返ってみれば

 

私はブログというものを全く理解していないのかもしれない。前回の更新日を振り返ると1年前とあった。日常で起こる出来事や心情を書き留めておく日記のような扱い方は私にはいささか難しい。

 

1年前の書き殴られた自分の文章を読んで、人はここまで変化するのかと驚いた。精神的にも環境面でも。1年前の私は、折の合わない両親と同居し、不自由な生活を送っていた。何のために日々を過ごしているのかと毎日をつらい気持ちで送り、夜な夜な家出を繰り返しては、河川や公園で物思いに耽っていた。ある夜、私と父との間で逃れようのない衝突が起こり、見かねた母が一人暮らしを勧めてくれた。彼女のおかげで、現在では、悠々自適に羽根を伸ばして暮らしている。突然、誰かの不機嫌を目の当たりにすることもなく、ヒステリックに怯えることもない、そんな生活を生まれて初めて味わっている。このような生活は初めてで、なんて幸せで平和な暮らしなんだろうと思う。家を逃げ出すように飛び出たのが、約8か月前のこと。その時から、実家を訪ねることはあれど、一度たりとも寝泊まりしていない。そこまで両親のことが苦手だったのかと少し笑えて来る。もちろん学費や生活費の支払いを援助してくれている両親に対して有難いと感じる。しかし、お金さえ払えば子供を言いなりにしていい権利は親にはないのである。この話はまだ私にとって消化しきれていない部分であるので、言及するのは避けておく。実家で暮らしていたころ、「ゲシュタルトの祈り」を紙に書き写し、壁に貼っては、繰り返し暗唱していた。私のせいではないと、私が彼らの感情に責任をとらなくていいと、そこから逃げ出していいと、洗脳と罪悪感を解くために。ずいぶん頑張ったなぁと今になってしみじみと思う。自分であることを、感情を誰にも奪われたくなくて、必死だったんだなぁと思う。よくやった私、えらいぞ。